第4巻 曹操「ふふふ、乱世の奸雄か・・・それもよい。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乱世の奸雄か・・・それもよい

横山光輝 三国志第4巻(潮出版社、1974) 143P

3巻に続き、4巻も曹操のこの一言です

若い頃は親も困らせるほどやんちゃな曹操でしたが、

不思議な魅力で多くの人が彼を慕っていました。

ある時、人物批評家のおっさんが曹操を見て、「おぬしは平和な世には能臣だが、乱世になれば奸雄となる相じゃ」と見抜きます。

その時の曹操の一言がこちら。

「ふふふ、乱世の奸雄か・・・それもよい。」

世の中が乱れるほどその本領を発揮する、曹操はこの混乱の時代に産まれ合わせた一人なのでしょう。

そして、3巻に引き続き「ふふふ」から始まっておりますw




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加