第1巻 劉備の母「男は立ち上がるべき時に、立ち上がらねばなりません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横山光輝 三国志第1巻(潮出版社、1974) 183P

横山光輝 三国志第1巻(潮出版社、1974) 183P

男は立ち上がるべき時に、立ち上がらねばなりません

第1巻の名言はこちらです!

くぅー、しびれますね。劉備の母がこれから大きな戦いに身を投じる息子に放つ一言。そして劉備・関羽・張飛の三人の為の酒宴を用意します、それが桃園の誓いであります。

いやー、さすが劉備のお母さんです、強いです。自分の使命が分かっているというか、やっぱり母は強いなと感じるシーンですね。

自分もここぞって時は迷わず行動を起こせる男でありたいと思います。「いつやるのって、今でしょ!」。

ちなみに、私の母親の名言は写真を撮る時の「ハイ、バター」です。チーズではなくバターね。いつも家族全員苦笑いですw




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加