第6巻「孫堅、玉璽を歯でガリッ!武将も歯が命!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
孫堅の堅は、堅い歯という意味だったのか!!

横山光輝 三国志第6巻(潮出版社、1974) 50P

孫堅の”堅”は、堅い歯という意味だったのか!!

第6巻の「気になる一コマ」はこちらになります!

孫堅は洛陽の井戸に落ちた死体から、何やら光るモノを発見します。

袋を開けてみると、高級そうな箱が出てきました。

孫堅:「カギがかかっている」

そして・・・

ガリッ!!

パカッ!孫堅はその箱を歯で開けるのでありましたw

なんという丈夫な歯を持っているのでしょうか・・・

芸能人だけではなく、武将も歯が命なんですね♪




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加